ミカルディスと食事や運動をする人たち

ミカルディスは1日1回の服用で24時間降圧効果が継続する薬です。昇圧物質アンジオテンシンⅡの受容体を遮断することができるのがミカルディスとなっており高血圧の改善ができます。薬にばかり頼るのではなく食事や運動などを取り入れてましょう。

ミカルディスで血管の破裂や合併症の原因を予防

ミカルディスは血圧を下げることができる薬であり、本態性高血圧と診断された患者に対して処方されます。アンジオテンシンと呼ばれる血管収縮を通して血圧を上昇させてしまう働きを示す生体内物質がその受容体に結合することを拮抗的に阻害することによって、血圧を下げることができるというのがミカルディスの作用機序として知られています。高血圧の状態を維持してしまうことによって血管には大きな負担がかかってしまうことになり、高い圧力に耐えられるようにと血管が肥厚していくことになります。その結果として弾力が失われてしまってもろくなり、血圧がさらに高くなったり物理的な衝撃があったりしたときに血管の破裂を招いてしまうことがあるのです。あるいは血管が肥厚した結果として血管が狭くなり、血栓が生じて閉塞が起こってしまうということもよくあります。こういった血管の肥厚は特に圧力の高い動脈で起こりやすく、動脈硬化として知られています。そして、動脈硬化が起こると血管の破裂や閉塞を通して合併症を誘発することになります。脳梗塞や脳出血、心筋梗塞や下肢動脈閉塞症などの原因になるとされているのが動脈硬化であり、その予防のためにもミカルディスによって血圧を下げるということが大切になります。動脈硬化に影響するのは高血圧だけでなく、糖尿病も知られています。血糖値が上昇していることが粥状動脈硬化を促進してしまうことが判明しており、糖尿病を予防することも動脈硬化を経て生じる合併症を予防するために大切となります。ミカルディスには糖尿病の予防効果もあることから多くの場面で利用されるようになっており、本態性高血圧の治療においてはよく用いられるようになってきています。